検索
  • yoneyanjp

ローイング系の基本、ロープーリーをしっかりマスターしよう!

私的に背中トレではラットプルダウンが最初に覚える種目とするなら、次に覚えていただく種目はロープーリーです。


力任せに引くだけで背中で重りを受けとめてない方や、引く動作と下ろす動作の時、上体の前後の動きのタイミングがずれている方も多いのがこの種目です。


先ずしっかりフォームを作るためイメージトレーニングをしましょう!。


負荷をかけなくても腕を伸ばすときはしっかり背中に力を入れます。背中の筋肉をストレッチさせているイメージなので、自然に背中が少し丸くなります。



引くときは“肘で引く”イメージで胸を張り、背中の筋肉を収縮させます。肘はやや開いた方が肘で引くイメージがしやすいです。


“ギュッ”という感じで引き背中の筋肉に力を入れます。


今一ロープーリーで効かすことができない方は、何回も何回も練習しましょう!。


負荷をかけた実際のトレーニングでは、下ろすときも引くときも、上体の前後の動きは同時でなければいけません。下ろすと同時に体を前に倒し、引くと同時に体を起こします。これができていない方が非常に多いのです。


負荷が抜けないようにゆっくり体を前に倒して行きます、背中の筋肉をしっかりストレッチさせるイメージも大切です。



引き動作に入る前わずかに腰を立てているのがお分かりになりますか?。腰が丸いままで引き動作に入ると、しっかり胸を張ることができないのと腰に負担がかかるので注意が必要です。


重すぎる重量でやると腰や腕に頼って引いてしまい、体が先に起きてタイミングにずれが生じ、疲れるわりに背中に効いた感じがしないのです。


ロープーリーで動作のズレを修正せずにベントロウや他のロウイング系種目を行ってもあまり効果は期待できないでしょう。


なので、ロープーリーでしっかり背中の筋肉と“対話”する必要があります。


ラットプルダウンが背中トレの入門種目だとすれば、ロープーリーをマスターすることは、初級から中級クラスに移行する大事な種目だと思っています。


閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遅ればせながら、インスタ始めました。 当ジムで、私から見て「上手いな~」「よく効いてるな~」と思うフォームでされている方やパーソナル指導中、どこに注意してアドバイス、また補佐(補助ではありません)しているのか等々配信しようと思います。 補助と補佐の違いは、補助は「はいっ、、もう一回!」と、挙がらなくなったとき挙げてもらうのが補助。 補佐とは、各々トレーニーのクセを見抜き、より効く軌道を修正しながら

ダイエットのカウンセリングをしていて気になることを一つ… 今更ですが、痩せようと思えば消費カロリー>摂取カロリーの状態にしなければなりません。消費カロリーを増すために有酸素運動をすることは良いことですが、ここで大切なのは有酸素運動で消費したカロリーを補充しないことです。 運動をすればお腹が空きます。 有酸素運動をしても痩せない方は、有酸素で消費したカロリーをお腹が空いたためにいつもより多く食べてし

筋トレの専門店 トレーニング・スペース奈良です!!  ~SINCE 1993~