検索
  • yoneyanjp

スタンディングローをもっと効かせてみよう!

スタンディングローは肩トレで私の好きな種目です、基本的なフォームにプラスもう一工夫してより効かせてみましょう。


先ず、骨盤を少し後傾させてポジションを作ります。骨盤を後傾させて姿勢を固めると、チーティングがしづらくなるので肩にダイレクトに刺激が行きます。





動画でお分かりのように、バーベルと体の間隔を少し開け顎まで吊り上げた後、そのままオデコあたりまで拳を返しながら持ち上げます。手幅を広く取る方も多いですが、肘の吊り上げ動作がしやすいよう両こぶしを合わせた手幅にします。


この“もうひと持ち上げ”動作がスタンディングローでより効かせるためのワンポイントになります。ノーマルフォームよりかなりキツイ仕方になるので、いつも扱う重りよりかなり重量は下がります。


骨盤を後傾させること、バーと体の間隔を少しとること、吊り上げた拳をオデコあたりまで返すこと。この三点を意識して行えばいつもよりかな~り効くのではないでしょうか?。


一度試してみてください。



閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遅ればせながら、インスタ始めました。 当ジムで、私から見て「上手いな~」「よく効いてるな~」と思うフォームでされている方やパーソナル指導中、どこに注意してアドバイス、また補佐(補助ではありません)しているのか等々配信しようと思います。 補助と補佐の違いは、補助は「はいっ、、もう一回!」と、挙がらなくなったとき挙げてもらうのが補助。 補佐とは、各々トレーニーのクセを見抜き、より効く軌道を修正しながら

ダイエットのカウンセリングをしていて気になることを一つ… 今更ですが、痩せようと思えば消費カロリー>摂取カロリーの状態にしなければなりません。消費カロリーを増すために有酸素運動をすることは良いことですが、ここで大切なのは有酸素運動で消費したカロリーを補充しないことです。 運動をすればお腹が空きます。 有酸素運動をしても痩せない方は、有酸素で消費したカロリーをお腹が空いたためにいつもより多く食べてし

筋トレの専門店 トレーニング・スペース奈良です!!  ~SINCE 1993~