検索
  • yoneyanjp

シットアップ・ボードを使った腹筋4種

動画で使用しているような形のシットアップ・ボード、今はほとんど見なくなりましたね、しかし当ジムではいまだに活躍しています(笑)。


なぜ使われなくなったかというと、シットアップのように足首を固定したやり方で行うと、腸腰筋が参加することにより腰が反ってしまう動作になりやすく、これが腰痛につながりやすいこと。またレッグレイズでも動作を大きくしすぎると腹筋より腸腰筋が参加してしまい、腹筋への効きが悪くなること等があげられます。


それらのリスクをできるだけ解消するよう、まずシットアップでは動画のように膝は曲げすぎず少し緩めるにとどめ、顎を引きできるだけ背中を丸めます。


この動作のポイントは身体を起こしすぎないことにつきます!。

上体を起こすとき、背中をできるだけ丸く丸~~く保ちながら、腹筋に力を“ぎゅ~~”っと入れて締め付けるイメージです。


腹筋に力が入ったとき、少し止めるとなお効きが増します。



シットアップ上級編



動画のように体を下ろすとき、顎を引かず上げるようにすると自然に上体がまっすぐになり腹筋全体に刺激が及びます。動作中常に顎は上げた状態です。実際にやってみるとお分かりと思いますが、かなりキツイです(笑)。しっかり動きをコントロールして行ってください。


腹筋力のない初心者や腰痛気味の方は腰に負担がかかりやすいので上級者向けの仕方です。



次にご紹介するのはレッグレイズ系2種です


まず一種目目は、動画のように膝を90度に曲げ上まで持ち上げたらそのまま腰を浮かせます。


膝は必ず天井に向かって上げます、胸のほうに持ってこないよう注意しましょう!


レッグレイズ腰上げ


膝とつま先を伸ばし、脚は途中までしか下ろさないようにします。そうすると腸腰筋の参加を抑えることができます。膝を曲げた種目同様脚を持ち上げたら必ず天井に向かって腰を浮かせます。


私のお気に入りでもある、昔ながらの腹筋台を使ったエクササイズをご紹介させていただきました。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遅ればせながら、インスタ始めました。 当ジムで、私から見て「上手いな~」「よく効いてるな~」と思うフォームでされている方やパーソナル指導中、どこに注意してアドバイス、また補佐(補助ではありません)しているのか等々配信しようと思います。 補助と補佐の違いは、補助は「はいっ、、もう一回!」と、挙がらなくなったとき挙げてもらうのが補助。 補佐とは、各々トレーニーのクセを見抜き、より効く軌道を修正しながら

ダイエットのカウンセリングをしていて気になることを一つ… 今更ですが、痩せようと思えば消費カロリー>摂取カロリーの状態にしなければなりません。消費カロリーを増すために有酸素運動をすることは良いことですが、ここで大切なのは有酸素運動で消費したカロリーを補充しないことです。 運動をすればお腹が空きます。 有酸素運動をしても痩せない方は、有酸素で消費したカロリーをお腹が空いたためにいつもより多く食べてし

筋トレの専門店 トレーニング・スペース奈良です!!  ~SINCE 1993~