検索
  • yoneyanjp

それ、カロリー計算間違ってませんかね?

更新日:2021年8月20日

 ダイエット指導させていただくとき、そうですねぇ、、、、だいたい10人に3人位の方が…


「それほど食べてないのですが」

「間食はしていません」

「ごはんはあまり食べてません」

「甘いモノは好きではありません」等々


 太っていることは気にしつつ、あくまで自分は食べすぎてないとおっしゃるw。


 極めつけは、「わたし、基礎代謝量も摂ってないのに痩せません」なんて真顔で言われると、「なんでやねん!」と突っ込みたくなります(笑)。←コレ本当の話です。


 「いや、あの、、基礎代謝とは簡単に言うと生きていくために必要最低限のカロリーのことでして、もしそれ以下しか摂ってないなら木下さん(仮名)は生きていくことができません。「ちょっとカロリー計算間違ってませんかね?」。


 思うのですが、本当にアンダーカロリー状態なら痩せないはずはありません。食事制限しているのに2週間たっても3週間経っても体重が減らないなら、それはダイエットしている“つもり”なのかもしれません。


 ご飯の代わりに何かほかの食べ物に置き換えるとかしてませんかね?。例えば果物を多く食べたり、ご飯を減らしているので口が寂しくなり、ついつい間食に手が出てしまうとか…。


 ダイエットしている意識はあるものの、結局置き換えただけで総カロリーはプラスマイナスゼロになっているかもしれません。ダイエットで一番失敗するのはこの”置き換え“ではないでしょうか。


 お水やお茶ならいざしらず、口にするもの殆どにカロリーがあると思った方が良いでしょう。「お米より○○の方が低カロリーなので安心!」なんてついつい食べ過ぎてしまうと…


 身体は正直です!、一日の活動量より摂取するカロリーのほうが少なければあなたの身体は必ず反応してくれます。


 でも、ムリなカロリー制限は禁物!、一か月で2キロ前後の減量幅であればリバウンドせず、十分健康的に痩せれるはずです。


 “食べたい!”モードを“あと一口我慢!”モードに切り替えましょう‼。


 それが第一歩です。





閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遅ればせながら、インスタ始めました。 当ジムで、私から見て「上手いな~」「よく効いてるな~」と思うフォームでされている方やパーソナル指導中、どこに注意してアドバイス、また補佐(補助ではありません)しているのか等々配信しようと思います。 補助と補佐の違いは、補助は「はいっ、、もう一回!」と、挙がらなくなったとき挙げてもらうのが補助。 補佐とは、各々トレーニーのクセを見抜き、より効く軌道を修正しながら

ダイエットのカウンセリングをしていて気になることを一つ… 今更ですが、痩せようと思えば消費カロリー>摂取カロリーの状態にしなければなりません。消費カロリーを増すために有酸素運動をすることは良いことですが、ここで大切なのは有酸素運動で消費したカロリーを補充しないことです。 運動をすればお腹が空きます。 有酸素運動をしても痩せない方は、有酸素で消費したカロリーをお腹が空いたためにいつもより多く食べてし

筋トレの専門店 トレーニング・スペース奈良です!!  ~SINCE 1993~